学校では教えない犬の幼稚園の作り方

コンビニの敷地内に交番ができました

2016年4月12日(火曜日) テーマ:

千葉県のコンビニ駐車場に、「防犯ボックス」ができて話題となっています。警察に相談する、と言うと何だか緊張して、少々敷居が高いイメージがあります。そこで、24時間気軽に訪れる場所は何処だと考えた先がコンビニだったそうです。警察官OBを常駐させて、安心できる街づくりを支援するのが目的です。午後2時から10時まで勤務し、地元の自治体や防犯ボランティアと合同で地域をパトロールします。事故や事件が起きてから動く警察と比べて、未然に被害を防ぐように働きかけることが、地域に住民にとって安心できる存在になると思います。今後、ひったくりや犯罪被害の件数を設置前と比較して、効果が表れているか見ていく方針だそうです。コンビニ前では、空いている駐車場に未成年が友達と集団で座り、飲食している光景をよく見ます。もしかしたら、万引きやたばこ、アルコールを販売してしまっているお店があるかもしれません。そこへ防犯ボックスができると、このようなことが減ると思います。若者の憩いの場所を奪うのではなく、地域の大人が見守り声をかけることが大事だと思いました。
見守っているとカードローン会社の無人契約機を見つけることもあります。
詳しくは銀行カードローン 評判こちらに書かれています。